脱毛業界丸裸。

脱毛業界丸裸。

脱毛業界は、女子の美への追及の度合いと比例して成長しています。日本での脱毛の歴史は遡ること1000年以上、平安時代に見られます。当時は、貴族の女性は額の形にこだわりがあったので、額の形を整えるという理由で、余計な部分に生えている毛髪を抜いて、また、足りない部分は墨を額に塗ることによって綺麗な生え際のラインを作っていたそうです。
その後、江戸時代には、天然の脱毛剤が出回ることになります。因みに当時も脱毛後のお肌のケアは欠かせなかったようで、うぐいすのふんとへちま水でスキンケアをしていたそうです。現在の脱毛サロンで使われている脱毛器の前身は20世紀に入ってからアメリで発明されました。開発当時の脱毛器は、痛みも多く、その上お肌もボロボロになっていたことでしょう。
開発者の苦労と、当時の女性たちの苦労があってこそ、現代の痛くない、お肌に優しい脱毛器があると思えば、現代の脱毛器を使うことが出来る私たちは、感謝しなければいけませんね。これからも、もっともっと脱毛器と脱毛業界は進化していくと思いますが、さて、この先、脱毛器はどこが改善されるのでしょうか?痛くなくてお肌に優しい脱毛器が今後何を目指していくのか、楽しみですね。